ショッピングページトップへ
プレミアムコレクション
ショッピングページへようこそ!

ダイトナ ジャパン

☆各車両を極力忠実に表現したクラフトキーホルダーや合皮根付

機関車・列車・新幹線 キーホルダー/合皮根付けストラップ コレクション


キーホルダー
T-002-KH
D51形(D51145)

価格:770円
数量
T-008-KH
150形(1号機関車)

価格:770円
数量
T-009-KH
7100形(義経号)

価格:770円
数量
T-010-KH
7100形(静号)

価格:770円
数量
■T-009-KH 7100形-義経号:かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院、鉄道省に在籍したテンダー式蒸気機関車で、北海道初の鉄道(官営幌内鉄道)の開業にあたり米国から輸入されたもののひとつ。
日本の古典蒸気機関車の代表格として愛称と共に長く親しまれている。
■T-010-KH 7100形-静号:1885(明治22)年に輸入された合計8両輸入されたうちのひとつ。
小型機でながらもダイアモンド煙突、カウキャッチャー、ベルを備えているのが特徴。
現在では小樽市総合博物館で保存。そして準鉄道記念物に指定されている。


商品画像
T-021-KH
C62形(C6217)

価格:770円
数量
T-103-KH
EF58形-お召機

価格:770円
数量
T-104-KH
EF58形-青大将

価格:770円
数量
T-108-KH
EF65形-1118

価格:770円
数量
■T-103-KH EF58形-お召機:流線形を取り入れた逞しさを感じさせる車体フォルムとレトロなぶどう色がおしゃれな電気機関車。
1979年(昭和54年)に浜松機関区で廃車。全て解体廃棄され現存機はない為レアな商品となっています。
■T-104-KH EF58形-青大将:長く伸びた列車と塗色のイメージから「青大将」の愛称で親しまれました。
T-103のお召機と並んで人気の商品です。


T-110-KH
EF81形-
トワイライトエクスプレス

価格:770円
数量
T-111-KH
EF81形-北斗星

価格:770円
数量
T-112-KH
EF55形-New流線形

価格:770円
数量
T-113-KH
EF210形-桃太郎

価格:770円
数量
■T-110-KH EF81形-トワイライトエクスプレス:EF81は直流と交流の50Hzと60Hz両方に対応した交直両用の電気機関車として登場し1989年より運行を開始したJR特急列車の中でもトップクラスの設備を誇る寝台特急。2015年春に引退。
■T-111-KH EF81形-北斗星:けん引用車両は側面に流星が描かれたデザインが特徴。
直流・交流どちらも走行できるオールマイティな電気機関車として知られています。


T-114-KH
EH-500形-金太郎

価格:770
数量
T-501-KH
DD-51形-重連

価格:770
数量
T-502-KH
キハ72ゆふいんの森I
リニューアル

価格:770
数量
T-201-KH
500系-のぞみ

価格:770
数量
■T-502-KH キハ72-ゆふいんの森I:JR九州の特急形気動車でグリーンメタリックの車体塗装をまとうハイデッカー構造が特徴的。72系のデザインは、「ななつ星」のデザインでも知られる水戸岡鋭治氏:

              
T-202-KH
700系-のぞみ

価格770円
数量
T-203-KH
E4系-MAX

価格770円
数量
T-203P-KH
E4系-MAXとき

価格:770
数量
T-204-KH
E3系-こまち

価格770円
数量
■T-202-KH 700系-のぞみ:新幹線電車としては初めてJR西日本とJR東海の共同で開発し1999年、東海道・山陽新幹線にデビュー。その先頭形状から『カモノハシ』の愛称で親しまれました。
■T-204-KH E3系-こまち:JR東日本の新幹線直行特急(ミニ新幹線)用新幹線車両として1997年3月に登場。
北東北の銀世界のようなホワイトとメタリックグレーで地元の人たちを含め、多くの鉄道ファンに愛される存在になった。
2014年には運用は終了となっている。


T-205-KH
E1系-MAX

価格770円
数量
T-206-KH
100系-ひかり

価格770円
数量
T-207-KH
200系-やまびこ

価格:770
数量
T-208-KH
400系-つばさ

価格770円
数量
■T-205-KH E1系-MAX:運用期間は1994年7月から2012年10月 。外観のデザインコンセプトは「グランド&ダイナミック」。速度よりも大量輸送(1編成の座席定員は1,235名)に重きを置いた設計でオール2階建てが特徴。
新製当時の車体塗装は上半分がスカイグレー、下半分がシルバーグレー、車体側面の帯がピーコックグリーンというものであった。
■T-206-KH 100系-ひかり:民営化を控えた「国鉄」が起死回生の“切り札”として1985年に誕生させたのがニューモデル新幹線「100系」。2012年3月には運用終了し2015年には廃車となってしまったがいまだ根強い人気がある。


T-209-KH
E2系-あさま

価格:770
数量
T-210-KH
300系-のぞみ

価格:770
数量
T-211-KH
E2系-はやて

価格770円
数量
T-213-KH
700系-レールスター

価格:770
数量
■T-209-KH E2系-あさま:電気(商用電源)の周波数が東西で異なるエリアや、難所「碓氷峠」などの難問を見事克服し新しい道を切り開いたJR東日本の新幹線車両。 2017年3月に営業運転を終了している。
■T-213-KH 700系-レールスター:JR西日本が山陽新幹線の新大阪駅 - 博多駅間で運行する700系7000番台と、700系7000番台を使った「ひかり」に与えられた愛称。レールスターの由来は「レール上を駆け抜ける流星の様なイメージ」。灰色の車体に窓まわりは黒(ダークグレー)、窓下に黄(サニーイエロー)の帯をあしらったデザイン。


T-214-KH
0系-こだま

価格:770円
数量
T-215-KH
923形-
新型ドクターイエロー

価格:770円
数量
T-216-KH
N700系

価格:770円
数量
T-217-KH
922形ドクターイエロー

価格:770円
数量
■T-214-KH 0系-こだま:史上初の高速鉄道専用車両として1964年(昭和39年)から23年間にわたり、東海道・山陽新幹線用の初代車両として製造。丸みのある先頭形状と、青・白塗り分けのスマートな外観が特徴的な懐かしい車両。晩年は後に登場した新型新幹線車両と比べ「団子鼻」と称されるようになった。
■T-216-KH N700系:高性能の700系からさらなる理想を追求する形で、JR西日本とJR東海の共同で開発された。
JR東海、JR西日本およびJR九州に在籍する新幹線。


 
T-218-KH
E5系はやぶさ

価格:770円
数量
T-219-KH
E7系-北陸新幹線

価格:770円
数量
T-220-KH
E6系-こまち

価格:770円
数量
T-221-KH
N700S-新幹線

価格:770円
数量
T-302-KH
253系-成田エクスプレス

価格:770
数量
■T-302-KH 253系-成田エクスプレス:成田国際空港へのアクセス特急「成田エクスプレス」の専用車両として1991年に登場したJR東日本の直流特急形車両。車体の塗装は、それぞれ「北極圏の白」、「成層圏の灰色の空」、「地平線に輝く赤い太陽」、「果て無き黒い宇宙」をイメージしている。


T-306-KH
281系-はるか

価格:770円
数量
T-307-KH
285系-
サンライズエクスプレス

価格:770円
数量
T-310-KH
783系-
ハウステンボス

価格:770円
数量
T-311-KH
885系-ソニック

価格:770円
数量
■T-307-KH 285系-サンライズエクスプレス:JR西日本およびJR東海の特急形直流寝台電車。この愛称は「さわやかな朝、新しい一日のはじまり」というイメージでつけられた。外装も夜明けをイメージしたベージュと赤の塗り分けがされている。
■T-311-KH 885系-ソニック:およそ20年の歴史があるJR九州の交流特急形電車で丸みの帯びた流線型が特徴。
座席は全席リクライニングシートで本皮革張り。


T-314-KH
E233系-中央線

価格:770円
数量
T-315-KH
E235系-山手線

価格:770円
数量
T-601-KH
トワイライトエクスプレス H.M.

価格:770円
数量
T-602-KH
富士・はやぶさ H.M.

価格:770円
数量
■T-315-KH E235系-山手線:2002年に導入されたE231系500番台以来、13年ぶりの新型車両として登場。
東京五輪開催に伴う観光客の増加にも対応するために最新の技術開発成果を取り入れた次世代通勤電車。


合皮根付けストラップ
     
T-113-GN
EF210形-桃太郎

価格:770
数量
 T-114-GN
EH-500形-金太郎

価格:770円
数量
 T-218-GN
E5系はやぶさ

価格:770円
数量
 T-219-GN
E7系-北陸新幹線

価格:770円
数量
 T-220-GN
E6系-こまち

価格:770円
数量

T-221-GN
N700S-新幹線

価格:770円
数量
 T-315-GN
E235系-山手線

価格:770円
数量